札幌から日帰りで楽しめる、北海道 そらち・デ・ビュー

「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー 「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー

《終了しました》北海道の春は赤平から【らんフェスタ赤平2018】

花言葉は、「美しい淑女」「優雅」・・・・「蘭」です。

4月20日(金)から 22日(日)の3日間で開催される、赤平市の一大イベント『らんフェスタ赤平2018』をご紹介します。

会場内が蘭の香りで包まれます。

“北海道の春は赤平から”をテーマに、なんと18回目の開催となる道内最大規模の蘭の展示会です。全国的にも愛好家が多い蘭は、被子植物の中で最大の科で、約750属35,000種あるとも言われており、うち日本には75属230種が自生しています。その中でも、豪華で可憐な胡蝶蘭からカトレア、クールオーキッドなど、道内各地の蘭愛好家が丹精込めて育てた世界の様々な種類の蘭を見ることができます。

約500鉢が展示されますが、そのどれもが開催前日の品評会を目標にされているため、とても素晴らしい出来映えです。当然、品評会で今年の大賞花に選ばれた蘭も見ることができます。

さらに、会場内に展示されている蘭はもちろんのこと、入口に設置されている迫力あるメインディスプレイが、来場されるお客様をお出迎えします。写真は昨年のメインディスプレイですが、とても迫力がありこれだけでも必見の価値があります。
%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E2%91%A0.jpg

イベント盛りだくさん!グルメもいっぱい!


会場内では、オペラ歌手によるミニコンサートや園芸家による講演会などのイベントが目白押しです。ミニコンサートでは、世界中で活躍されているルーマニア出身のアマリアさんの歌声を聴くことができます。イタリア、オーストリア、ドイツなど世界的な音楽家たちと共演している彼女の歌声は、聴く人すべてに「喜び」や「癒やし」を与えます。

また、講演会では須和田農園の副園主江尻さんが「気軽に楽しむ!しっかり咲かせる!」と題し、洋蘭栽培のコツを伝授します。どちらも無料ですので、ぜひご参加ください。

そしてなんと最終日には、『笑点』でおなじみの落語家 林家木久扇氏の特別講演会(別途入場料(指定席1,500円、自由席1,000円)が必要)も開催します。今や笑点になくてはならない木久扇師匠の講演を聴く機会はめったにない上に、たった1,500円の追加チケットで聴けるお得な機会ですので、ぜひご利用ください。

また、屋外飲食コーナーでは、赤平名物「がんがん鍋」(ホルモンの味噌煮込み鍋)や「あかびらホットレッグ」(鳥足のから揚げ)などのグルメも楽しめます。盛りだくさんのイベントに参加して、お腹がすいたら赤平名物を堪能してください。
 
%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E2%91%A1.jpg

なかそらちの「食と観光・物産フェア」同時開催!


サブ会場では、なかそらちの「食と観光・物産フェア」を開催します。

お菓子や工芸品など、5市5町からなる中空知の特産品が販売され、広い中空知を回ることなくお買物が楽しめます。

さらに、会場内では入場券の半券1枚につき1回のガラポン抽選に参加することができます。抽選では、なんと『胡蝶蘭』や『中空知の特産品』が当たります。
 
%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E2%91%A2.jpg
また、特別企画として21日・22日の11:30から旧住友炭鉱立坑内ガイド付き見学ツアーも開催します。かつて石炭産業で栄えた赤平市のシンボルともいえる立坑の内部を元炭鉱マンが案内します。定員は30名ですのでお早めにお申込みください。


お得な前売入場券好評発売中!

3月1日より、お得な前売入場券(1枚 1,000円)を販売しています。

当日券は1,300円(高校生以下入場無料)ですので、ぜひお得な前売券をお買い求めください。

ご購入は、らんフェスタ赤平実行委員会事務局(赤平市商工労政観光課)ほか、各コンビニエンスストア(コンビニ共通番号 0248187)からも購入可能です。詳しくは、らんフェスタ赤平2018のホームページをご覧ください。

たくさんのご来場をお待ちしております!

イベント会場

 赤平市総合体育館
 〒079-1142 赤平市東大町3丁目4番地
 

あなたにおすすめの記事

TOPへ戻る