食べる食べる

時間帯:

エリア:北空知中空知南空知

時間帯:
エリア:
市町村:

美唄焼き鳥

美唄市

時間帯:

エリア:南空知

美唄焼き鳥

投稿者:美唄市観光交流課(美唄市商工観光課)美唄市観光交流課(美唄市商工観光課)フェイスブックページへ

2016.09.30更新

今や全国的に有名になった「美唄焼き鳥」。その歴史は、昭和30年代に遡ります。当時の美唄は、農業とともに、三井・三菱の大手炭鉱をはじめとする石炭の都として栄えていました。焼き鳥は、その炭鉱マンの栄養補給の源として、多くの市民に愛されていたソウルフードでした。
美唄焼き鳥を一言で表すとすれば"モツ串"でしょう。精肉、レバー、ハツ、砂肝、キンカン、鳥皮など1羽の鳥を余すところなく使い切り、肉と肉との間には玉ねぎをはさみます。これらが1本の串となり、炭火でじっくり焼いた深い味わいが、口の中いっぱいにジュワ~と広がります。
美唄には、東京や札幌に支店を出しているおなじみのお店から、地域に密着し市内だけで経営しているお店まで、歴史と伝統を守る焼き鳥店が10店舗あまりあります。機会があれば、是非とも美唄の本店や市外にある支店で、その味わいと雰囲気を存分にお楽しみください。そして、遠距離でなかなか美唄まで足を運べないという方には、真空パックでの販売もしているお店がありますので、インターネットなどでご注文して、美唄焼き鳥の深い味わいをお楽しみください。


【焼き鳥店の紹介】(美唄ファンポータルサイトPiPa)
http://www.pipaoi.jp/specialedition/yakitori/
【販売/インターネット注文可】(美唄ファンポータルサイトPiPa)
https://www.pipaoi.jp/f/

ページトップ