札幌から日帰りで楽しめる、北海道 そらち・デ・ビュー

「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー 「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー

斉藤さんの模型展

今回は、「今日で10月も終わり。今年も残すところあと2ヶ月です。年齢を重ねるごとに、時間の進む速度が上がってきているような気がします。どうしましょう。」

なんて弱気なことを言っていてはいけないのではないか?と考えさせられる展示をご紹介します。
mokei1.jpg
昨日10月30日(木)から11月25日(月)まで、安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄で開催されている齊藤靖則模型展です。

https://www.artepiazza.jp/event/34664

齊藤さんは、三笠市にあった北炭幌内炭鉱の元炭鉱マンで、平成元年の閉山まで坑内工作員や機械の保守・運転など様々な仕事を担当されていた方で、これまで15年以上にわたり、70点以上の炭鉱関連の模型を制作されてきました。
mokei2.jpg
その模型は、細かいところまで丁寧に再現されているのですが、建物の設計図がないものは、写真で確認しながら自分で図面をおこしているそうで、驚くほかありません。

http://yamasoratan.blog62.fc2.com/blog-entry-972.html
(炭鉱の記憶マネジメントセンターブログ)

齊藤さんのホームページでは、これまで制作した模型のほかに、閉山前後に撮影された炭鉱の写真も掲載されています。

http://www.yasunori-saito.com/

70歳を超えてもなお精力的に活躍されている齊藤さんの力作、この機会に是非ご覧ください!

あなたにおすすめの記事

TOPへ戻る