札幌から日帰りで楽しめる、北海道 そらち・デ・ビュー

「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー 「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー

そらち・de・子育て!!_@あそびのひろば(岩見沢市「えみふる」内)

「そらち・de・子育て」、スタート!

れいちゃん(今日(5/19)、めでたく1才)と一緒に北海道・空知地域(北海道の真ん中あたり、いわゆる道央)の子育て情報を不定期連載で紹介する「そらち・de・子育て」、スタートです!


記念すべき第一回目は、全天候型の子どもの遊び場としては道内有数の広さを持つ「あそびのひろば」を核とした子育て支援に関する取組で、2018年2月に日本計画行政学会の「最優秀賞」に輝いた、空知・岩見沢市の「えみふる」を紹介させていただきます。


さて、今日(5/19)で1才の誕生日を迎えたれいちゃんです。
%E2%91%A0.PNG
つたい歩きはマスターしたけれど、まだ歩くのは不安定。


屋内施設で遊ばせたくても、他の子のジャマにならないか、走り回る幼稚園児にぶつかられたりしないかと、お父さんの不安は尽きません。


(我が家では、転倒時の衝撃を和らげるためにリュックを背負わせたりしています..)
%E2%91%A1.JPG
そこで、「遊べるエリアが年齢別で分けられている」ことを条件に、道内の屋内施設を探してみたのですが、意外とないんです。


やっぱり、他の子とぶつかったりするリスクは覚悟しないといけないのかな...と諦めかけたその時!!!!



ありました。


北海道・空知の岩見沢市(札幌から車で40分、新千歳空港から車で1時間強)内、JR岩見沢駅のすぐ近くにある「であえーる岩見沢」の「あそびのひろば(3F_えみふる内)」です!
%E2%91%A2%EF%BC%88%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%8D%EF%BC%89.jpg
しかも、この、「えみふる」にある「あそびのひろば」は来場人数に制限がありますので、このご時世だと特に気になる、「大勢の子供たちでごった返す」、という心配もご無用です。


ということで、行ってみました!

あそびのひろば(であえーる岩見沢の3階「えみふる」内)にGO!

%E2%91%A3.jpg
行くと嬉しい驚き。立体駐車場から、「えみふる」までは、地下通路があるんです!!

なので、交通量も気にせずに、雨でも、カバーなしで、ベビーカーで行けるんです!!!

(あのカバーって邪魔だし、夏は蒸し暑くてかわいそう。。)
%E2%91%A4.jpg
はい、すぐ到着です。


初めての人は、会員カードを作成する必要があります(無料)。
そして、入場料。未就学児は無料で、それ以外は1回(最長2時間)100円/1人です。
(大人一人につき、ラーメン一杯分くらいの値段は取る施設が多いので、この安さには驚きました。)


そして、靴を脱いで入ると、本当にたくさんの遊具がありました!


手前は、ゴロゴロ転がりながら本を読む「ごろごろひろば」。
%E2%91%A5.jpg
奥は、ボルダリングなどの遊具で遊ぶ「はらっぱひろば」です。
%E2%91%A6.jpg
%E2%91%A7.JPG
まだ小さなれいちゃんは、乳幼児向けのエリアへ。
%E2%91%A8.jpg
%E2%91%A9.PNG

岩見沢市の真の狙い

ご覧のとおり、れいちゃんも大喜びの「あそびのひろば」ですが、その設立の背景には、岩見沢市の緻密な計画がありました。


実は、この「あそびのひろば」がある「えみふる(であえーる岩見沢の3階)」自体が、「市の子育て支援のワンストップ相談窓口」になっているんです!!
%E2%91%AA.JPG
%E2%91%AB.jpg
 子どもを遊ばせようと、市民が「あそびのひろば」に通う中で、


「あ、そろそろ検診の時期かな?」
「保育園に入れる手続って、どうやるの?」


など、
何か疑問があれば、すぐ隣にあるお部屋のドアをノック!
%E2%91%AC.jpg
すると、市の担当の方が何でも親切に教えてくれるんです!!ありがたい!!!


そもそも、赤ちゃんを車に載せて市役所まで行き、抱っこして順番待ち…なんて、子育て中の親には、大きな負担。


この負担を和らげようと、動いたのが岩見沢市でした。


まずは大型店が撤退した後の建物を活用し、「あそびのひろば」をつくり、
子育て世代のために、市の関連部署を「あそびのひろば」のあるフロア(えみふる)に移動させたんです!!


そして、この「あそびのひろば」を核とした、子育て支援に関する
一連の取組は、2018年2月、日本計画行政学会の最優秀賞を受賞するなど、全国的に素晴らしい評価を受けました!!!
%E2%91%AD.jpg
こんなに行政が全力で子育て支援をしてくれる岩見沢市に住めば、きっと親御さんも安心して子育てができますよね。


「子育てのために岩見沢に移住したい!」と考える方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。


また、本稿には書ききれませんでしたが、この他にも、「幼児ことばの教室」や「子育て親子ひろば ひなたっ子」など、えみふるの子育て支援サービスはとっても充実しているんです!
(今後、この「そらち・de・子育て」で、また改めてご紹介させていただきます!)


この記事をご覧いただいた子育て世代の皆様、ぜひ一度、「えみふる」にお越しになってみてはいかがですか?

むすび

最後まで読んでいただいた皆様、そして、本記事の作成にあたり、快く取材対応を引き受けてくださった、岩見沢市教育委員会事務局の小野様、會田様、本当に有難うございました!


今後とも、「そらち・de・子育て」では、れいちゃん(現在1才0か月)と一緒に、北海道・空知地域の子育てに関する情報を不定期連載で紹介していきます。


引き続き、ぜひチェックしてくださいね!
(次回、れいちゃんはもう歩き始めているかもしれません!)


※「えみふる」の公式サイトはこちら


「えみふる」の近くにはたくさんの飲食店があります!
  
この日は、子ども連れでも安心な小上がりの席がある「手打ちそば きむら」さん(ミシュランガイド北海道の掲載店!)で、美味しいお蕎麦と天ぷらを食べて帰りました♪
 (過去の記事【そらち モグモグ体験隊。~岩見沢の手打ちそば「きむら」~こちら)


最後の1枚:れいちゃん(1才0か月)@手打ちそば きむら(岩見沢市)
IMG-1126.jpg

あなたにおすすめの記事

TOPへ戻る