札幌から日帰りで楽しめる、北海道 そらち・デ・ビュー

「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー 「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー

秋にピッタリ!空知で開催される11月の注目イベント4選!

秋といえば、読書の秋、スポーツの秋、そして芸術・食欲の秋!などいろいろな形容詞がありますが、そんな秋にピッタリのイベントを4つ紹介しましょう!

①“音楽の秋”第21回音の玉手箱in奈井江

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-10-29%2018.30.04.png
まずは11月25日(土曜日)に奈井江町文化ホールで開催される「第21回 音の玉手箱」です!

本格的なコンサートホールで、地元出身の音楽家を中心として、さまざまな楽器やバラエティに富んだプログラムを楽しめます。会場となるのは、全国屈指の音楽ホールとの呼び声も高いコンチェルトホールです!
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-10-29%2018.32.47.png
●第21回 音の玉手箱
日時:11月25日(土曜日)開演14:00(開場13:30)
会場:奈井江町文化ホールコンチェルトホール
入場料:500円(全席自由)
問い合わせ先:奈井江町教育委員会(0125-65-5311)

URL:http://www.town.naie.hokkaido.jp/oshirase/1035/

②“芸術の秋” 芦別市陶芸センター穴窯展in芦別

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-10-29%2018.32.53.png
続いては、芦別市陶芸センターで11月1日から4日間に渡って開催される「芦別市陶芸センター穴窯展」です!

この展示は、市内陶芸サークル「匣鉢の会(さやのかい)」による作品展。芦別市陶芸センターに併設されている窯は、陶芸窯としては最古の方式の「穴窯」で、焼き上がりまでに4日間を要するという本格的なもの。「匣鉢の会」の皆さんは24時間交代制で作業を行うのだとか。

この期間に焼きあがった作品の展示のほか、販売もありますので、是非お手に取ってお楽しみください!
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-10-29%2018.33.00.png
●芦別市陶芸センター
開館時間:9:00~17:00(陶芸教室は日曜日と水曜日の10:00~15:00、随時受付、要問合せ)
休館日:火曜日、12月29日~1月3日
料金:入館無料
陶芸体験:体験料1700円(要予約) ※作品の送料が別途かかります
問い合わせ先:0124-22-0633

URL:https://go-to-ashibetsu.com/media/2017/02/15/47

③“食欲の秋” ながぬま農産物直売所「大感謝」in長沼

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202017-10-29%2018.33.06.png
続いては、11月3日(金曜日・祝日)にマオイの丘公園直売所ほかで開催されるながぬま農産物直売所「大感謝祭」です!

長沼町にある5ヶ所の農産物直売所で、町内で採れた新鮮な野菜を特別価格で販売します!野菜のつめ放題など、各直売所でお得な企画も実施しますよ。長沼町は札幌から車で1時間以内の場所ですので、ドライブがてら楽しんでください!

●ながぬま農産物直売所「大感謝」
日時:11月3日(金曜日・祝日)
会場:マオイの丘公園直売所(道の駅マオイの丘公園)、北長沼水郷公園農産物直売所、
西長沼ポケットパーク直売所、夢きらら直売所、マオイ遊来ランド直売所
問い合わせ先:0123-88-2111(長沼町産業振興課)

④“勉強の秋”炭鉄港セミナー「北の産業革命 炭鉄港」

最後にご紹介するのは、11月4日(土曜日)に開催される、北海道の近代化を推進した「石炭」「製鉄」「港」を学ぶセミナー「北の産業革命 炭鉄港」です!

空知の「石炭」と室蘭の「製鉄」、そして小樽の「港」は、北海道の近代化を推し進めてきた、歴史的に重要なものです。このセミナーでは、2018年に北海道命名150年を迎えるという節目の前に、『炭鉄港』に関連する道内の産業遺産を活用した地域づくりについて、一緒に考える機会になればと考えていきます。

●炭鉄港セミナー「北の産業革命 炭鉄港」
日時:11月4日(土曜日)施設見学会10:30~12:15、セミナー13:30~16:00
会場:赤平市交流センターみらい(赤平市泉町1丁目1-33)
見学先:旧住友赤平炭鉱立坑櫓、自走枠工場(札幌もしくは岩見沢発着の貸切バスを利用)
参加料:無料(有料の札幌・岩見沢からのツアーは定員に達したため締め切っております)

URL:http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/h29tantetsukou_seminar.pdf

あなたにおすすめの記事

TOPへ戻る