札幌から日帰りで楽しめる、北海道 そらち・デ・ビュー

「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー 「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー

食育で地域の魅力を発信!「空知食育フォーラム」1/15開催!【参加無料、スイーツ試食付き♪】


岩農生が1年間の活動成果を発表

皆さんこんにちは、空知総合振興局農務課です。
今日はいつもの「そらちの花*通信」ではなく、「食育」に関するイベントをご案内します。

新年(令和3年)1月15日(金)13時30分から、空知総合振興局4階講堂で「空知食育フォーラム」を開催します。主催は空知総合振興局と岩見沢農業高等学校です。

当局では、岩見沢農業高校食関連学科の生徒さんが取り組まれてきた「食育活動」を「グリーン・ツーリズム(農村滞在型農業体験)を通じて行う食育活動」に発展させ、地域の魅力発信のモデル的取組として支援・推進しています。

この取組を通じ岩農の生徒さんたちが1年間に渡って、地域の農業者などから学びながら行ってきた「食育」の活動について、その成果を発表する場としてイベントを企画しました。同時に食育の重要性を広く一般の方々にも知っていただき、理解を深めてもらう場にもなるよう関連する基調講演や地産地消の事例・取組発表も行います。


ほんだ菓子司のスイーツも試食できる!

基調講演は、札幌在住の「そうじ力」研究家で(株)ヘヴン‐ワールド代表取締役の舛田光洋氏が「『捨てる』からはじめる食品ロスと開運そうじ力」と題して、食品ロス削減をテーマに講話します。舛田氏は、清掃業の経営を経て21年間研究を続けてきた、人生を好転させる実践哲学「そうじ力」を開発。『3日で運がよくなる掃除力』『夢をかなえる掃除力』など多数の著書も出されています。

空知管内の6次産業化事業者による地産地消の取組事例では、美唄市の女性農業者グループ「つむぎ屋」の代表・要覚忍氏に登壇いただきます。「つむぎ屋」では、土からこだわり抜いた美味しい野菜を育て、自ら乾燥野菜を製造・販売しており、活動開始から10年間に渡って行ってきた地産地消の実践例を紹介していただきます。

イベントではさらに、地域における地産地消・農商工連携の事例紹介として(有)ほんだ菓子司さんの地元食材を使ったスイーツの試食提供も行います。


先着80名、事前に申し込みを!

定員は先着80名。参加者の方には検温にご協力をいただくとともに、マスクの着用をお願いします。また、距離を取った座席配置や換気の実施など新型コロナウィルス感染症対策を徹底してイベントを行います。

参加は無料ですがFAXまたは電子メールでの事前申込が必要です。
参加ご希望の方のうち、FAXで申し込まれる方は、下記のリンクからPDFファイルをダウンロードいただき、申込書に必要事項を記入のうえ、下記FAX番号に送信してください。電子メールで申し込まれる方は、下記メールアドレスに申込書を添付または本文に必要事項を入力いただき送信してください。
申込期限は、令和3年1月12日(火)となっております。

多様な農産物や食品が生産される空知では、地域産業・経済の持続的発展、地域文化の理解・伝承、地産地消の推進など様々な観点から、「食育」の推進は重要な取組です。食生活の多様化が進む一方、郷土料理や伝統料理などの食文化は次世代への継承が課題となっており、課題解決に向けて私たちは、地域の魅力発信・食育リーダーの育成が欠かせないと認識しております。

今回のイベントによって食育の重要性について今一度多くの方々に知っていただき、地域における食育活動の継続的推進につながることを期待しておりますので、ぜひ多く方のご参加をお待ちしております!
%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7%EF%BC%88%E8%A3%8F%EF%BC%89.tif

《イベント情報》
◆ イベント名:食育で地域の魅力を発信‼「空知食育フォーラム」
◆ 日時:令和3年1月15日(金)13:30 ~ 16:00
◆ 会場(住所):空知総合振興局4階講堂(岩見沢市8条西5丁目)
◆ 問い合わせ先(空知総合振興局農務課):0126-20-0082(担当:鈴木・梅田)
◆ FAX番号:0126-22-1099
◆ 電子メール:suzuki.yuzuki@pref.hokkaido.lg.jp
◆ その他:駐車場には限りがありますので、公共交通機関でお越しいただきますようお願いします。                   (JR岩見沢駅から徒歩10分、バス停「市民会館前」から徒歩1分)

あなたにおすすめの記事

TOPへ戻る