札幌から日帰りで楽しめる、北海道 そらち・デ・ビュー

「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー 「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー

《終了しました》北海道義士祭のご案内

はじめに


砂川市にある「北泉岳寺」には、47人の忠義な侍たちにゆかりのあるお墓があります。1703年(元禄16年)12月14日、47人の赤穂浪士たちは吉良邸に討ち入りし、見事に主君の仇を討ちました。その後、人々に惜しまれながらも切腹によりこの世を去った侍たちは、「忠臣蔵」として今日まで語り継がれています。
%E2%91%A0.jpg
今回は、そんな「忠臣蔵」にまつわる2つのイベントをご紹介いたします!
300年以上前の歴史にふれながら、笑いあり、スイーツありの砂川の冬を楽しんでみませんか?

北海道義士祭

砂川市で義士祭が行われている背景には、北泉岳寺の初代住職の熱い思いがあります。

赤穂浪士の熱烈な崇拝者だった初代住職が、四十七士のお墓のある本家、芝・髙輪泉岳寺に、義士墓の建立と寺名の変更を願い出たのです。当初は許可が出ませんでしたが、2代目住職(先代の孫)が祖父の志を引き継いで何度も陳情を続け、ついには泉岳寺からの内諾を受けることができました。

昭和28年2月4日、赤穂浪士たちが切腹をした日、泉岳寺より「北泉岳寺と名乗っても良い」という承諾書が届きました。その後作られた墓所には、大石内蔵助をはじめとした義士の墓の土が47個の木箱に納められています。

「北海道義士祭」は、こうした祖先の功労を経て、今も討ち入りの12月14日に開かれている伝統のお祭です。

当日は居合奉納や墓前祭、吉祥祈願などが本格的に執り行われるほか、義士に扮した参加者たちが市内を練り歩き、勝ち鬨を上げる様子は圧巻です。甘酒やそばなども振舞われますので、衣装を着ずそのままいらっしゃってももちろんお楽しみいただけます。
%E2%91%A1.jpg
%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg
【日時】 令和元年12月14日(土)
【会場】 北泉岳寺境内(砂川市空知太444-1)
【時間】 10時50分から
【お問合せ】 北海道義士会 0125-53-3513
【参考URL】 砂川観光協会へのリンク
https://sunagawa-kankou.com/event/10061/
 

義士衣装体験

「HTB寄席in砂川」との同時開催として、まちなか集客施設SuBACoによる企画が開催されます!

地域交流センターゆうの交流スペースにて、赤穂義士衣装の試着体験ができます(大人用、子ども用あり)。背景のスプレーアートは國學院大學短期大学生と砂川市地域おこし協力隊が共同制作したもので、雰囲気満点。フォトスポットで写真を撮ってくれた子どもには、かわいらしいバルーンアートを無料でプレゼントします!

また当日は、古くから愛される老舗の菓子店「伊豫田製菓」さんによる美味しいたい焼きの販売もあります。スイーツでほっこりし、寄席の笑いであたたまる、和の世界を1日楽しんでみませんか。

【日時】 令和元年11月30日(土)13:00~17:00
【会場】 砂川市地域交流センターゆう 交流スペース(砂川市東3条北2丁目3-3)
【お問合せ】 まちなか集客施設SuBACo 0125-74-4885
%E2%91%A3.jpg

あなたにおすすめの記事

TOPへ戻る