札幌から日帰りで楽しめる、北海道 そらち・デ・ビュー

「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー 「北海道空知」をもっと楽しむ情報サイト|そらち・デ・ビュー

【妄想旅行 第2旅】なかそらちであの子をエスコートするなら編

緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き警戒が必要な新型コロナウィルス感染症。これからは、「新しい生活様式」を取り入れる必要があるなど、依然として油断ができない状況が続いています。

空知管内でも各種イベントが中止になっているなど、ここ数ヶ月は、すっかりお出かけする機会も減っています。
一個人としても、観光に携わる身としても、空知管内を巡り楽しみたい…
そんな葛藤が続いております。
でも、皆さんの中には今から旅行情報を見て、前向きな計画を立てている方もいるのではないでしょうか。

ということで、そんな需要に少しでも役立つように「新型コロナが落ち着いたら満喫したい。妄想旅行を勝手に考えてみた」シリーズを前回からお送りしているわけですが、今回も勝手に考えた空知を巡る妄想旅行をお届けします。

今回も、写真は過去のそらち・デ・ビュー記事や、SNS投稿、Instagramで実施中の『「#わたしのそらち」を付けて発信。空知のイイネを教え合う。』から使用しています。

『「#わたしのそらち」を付けて発信。空知のイイネを教え合う。』に関してはこちらを参照してください。
(http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/watashinosorachi.htm) 

妄想はさらにエスカレート…!?
それでは、行ってみましょう!
 

■妄想なのに登場人物紹介とはこれ如何に

かわさきこ(妄想者):20代も折り返し。空知在住2年目。空知の食にどっぷりハマり体重増加の一途。
あの子:空知初心者。年齢は非公表。(同じぐらいですかね?)美味しい物が好き。インドア派。写真いっぱい撮る。

マーケティングには、ペルソナ像の設定が大事だと教わったので実践してみました。

■え?いきなり食べるんですか?

さっそく、出発していきますが、私は岩見沢市在住ですので、まずは中空知に向かって車を走らせることから始まります。
土曜日にのんび~り10時に出発して、だいたい40分、第1の目的地、奈井江町道の駅「ハウスヤルビ奈井江」に到着しました。
今回の目的地は、道の駅!ではなく、併設しているお店「naie milk factory」さん。
ここのソフトクリームは絶品!とにかく濃いです。
 
%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC.jpg
(以前、個人的に食べたことがあったのでそのときの写真です)

「うまい!」が先に出るか、「濃い!」が先に出るか…
これには、ソフトクリームには少しうるさいあの子も大満足!(してくれるといいなぁ)
 

■君に見せたい景色があるんだ…

ソフトクリームは食べましたが、お昼ご飯にはまだ早いということで、お隣、浦臼町へと行ってみます。
時期もピークは4月下旬~5月上旬と限られますが、「浦臼神社」では絶景を堪能できます。
 
%E3%81%86%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%99%E7%A5%9E%E7%A4%BE.jpg
色鮮やかなカタクリとエゾエンゴサクです。
全国各地からカメラマン・観光客が来るほどの絶景を楽しむことができます。

「この景色も綺麗だけど、君(あの子)も綺麗だよ…」
(とか、言った方がいいんですかね?)←フラグ

 

■私「お昼ご飯はなにたべt…」あの子「肉!」

あの子の一存により昼食は肉になりました。
私が食べたいだけという理由から、じゃあ、ジンギスカンでもという話にもっていきます。
もともと私は北海道のなかでもタレを後付けでジンギスカンを提供するお店が多いところの出身ですので、「ジンギスカンのタレ後付け派閥」に所属していたわけですが、空知に来て味付ジンギスカンを食し、すっかり虜になってしまいました。あっさり「味付ジンギスカン派閥」に鞍替えです。

THE名店 滝川市の「松尾ジンギスカン」さんです。
 
%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%81%98%E3%82%93.jpg
初めて味付ジンギスカンを食べたときは、美味しすぎて衝撃が走ったのを覚えています。カルチャーなショックです。この衝撃をあの子にも味あわさせます。
 

■妄想だからいくらでも食べられるシステム

妄想すればするほどお腹が空く。
それじゃあ、お菓子でも食べに行きましょうかと砂川市のスイートロードに参ります。
 
%E3%81%88%E3%81%B3%E3%81%99.jpg
エクレアです。「cafe笑飛巣」さんの。インパクト大です。
私の二の腕ぐらいあるんじゃないでしょうか。いや、それはないです。(約20cmのエクレアらしいです。)
軽く、ふわっとおいしく食べることができますが、いくら妄想だからといってお残しは許されません。

ちなみにスイートロードは現在、20店舗で構成されています。
お店ごとに特色をだして営業されていまして、魅力的な商品が並んでいます。
空知にいる間に制覇するのが密かな野望です(妄想ではなく現実で。)
 

■君に見せたい景色があるんだ…part2

そろそろ帰路につくころですが、その前に寄り道。
市面積の約89%を森林が占める芦別市にて星空鑑賞を行います。
 
%E8%8A%A6%E5%88%A5%E5%A4%9C%E6%99%AF%EF%BC%88%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%9D%E3%82%89%E3%81%A1%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%89.jpg
(「#わたしのそらち」をつけて投稿されていたryo7192様の写真を使用させていただきました!)

まさに、天然のプラタネタリウムで、ただ、夜空を見上げているだけで極上の時間を過ごすことができるでしょう。

ゆったりと過ごす時間のなかで、あの子に向かってロマンチックな一言をポツリ…。
「こんな君(あの子)より景色の方が綺麗だよ…」


…妄想終了!

今回、なかそらちと言いつつ、全てをまわることができなかったことと、あの子との軋轢が生まれたのは私の妄想力が不足していたからでございます。
次回の妄想(する機会があれば)では、完璧にエスコートしていきたいですね。

今回妄想したルートだけではなく、他の施設や飲食店など安全・安心に利用するために新型コロナウィルス感染症の終息を心から願うばかりでございます。

冒頭でもお伝えしたとおり、我々が勝手に考えた妄想旅行ですので、完全に個人の好みで妄想していますので、あしからず。

あなたにおすすめの記事

TOPへ戻る